今回のリリース内容

機能追加

アカウントCSV作成、アカウントCSV相互変換のYahoo!アドバンスドURL対応形式CSV対応

1. アカウントCSV作成 で、Yahoo! アドバンスドURLシステムに対応したリンク先を設定し、それに応じたCSVを出力できるようになりました。

Yahoo! アドバンスドURLシステムに対応したリンク先情報を使うには、スタックのリンク先URL設定欄のYahoo!タブにて、アドバンスドURLシステム向けの追加情報を入力してください(下図)。

アドバンスドURLシステム向けのリンク先URL情報を入力

その後、これまでと同じように画面上部の「ファイル出力」から「インポート用CSV(Yahoo!)」をクリックして、「インポート用CSV(Yahoo!)」画面を開いて下さい。この画面の右下のダウンロードボタンの上に、「アドバンスドURL対応CSV」というチェックボックスがあります。チェックボックスにチェックしてダウンロードボタンをクリックすると、アドバンスドURL対応の、Yahoo! キャンペーンエディタへインポート可能な形式のCSVファイルがダウンロードされます。チェックしない場合は、以前の管理画面インポート形式でダウンロードされます。

アドバンスドURLシステム対応CSVをダウンロード

ダウンロードしたCSVファイルには、広告コンポーネント行にて「最終リンク先URL」「スマートフォン向けURL」「トラッキングURL」の列に設定した値が入るようになります。

アドバンスドURLシステム対応のCSV

 

2. アカウントCSV相互変換 で、Yahoo! アドバンスドURLシステム対応形式のCSVファイルの変換ができるようになりました。

アカウントCSV相互変換では、Google AdWords形式とYahoo! SS形式とを相互に変換できます。今回、Yahoo! アドバンスドURL形式のCSV対応では、具体的には以下の変換が可能となっています。

  • Yahoo! 管理画面形式 → Google AdWords形式
  • Yahoo! アドバンスドURL形式 → Google AdWords形式 (※)
  • Google AdWords形式 → Yahoo! 管理画面形式
  • Google AdWords形式 → Yahoo! アドバンスドURL形式 (※)
  • Yahoo! 管理画面形式のID転写
  • Yahoo! アドバンスドURL形式のID転写 (※)

(※) が今回追加した機能となります。

Yahoo! アドバンスドURL形式 → Google AdWords形式の変換については、操作方法はこれまでと変わりません。アカウントCSV相互変換の「Yahoo! SSからGoogle AdWordsへ変換」にて、入力CSVファイルにアドバンスドURLに対応したCSVを指定するだけです。

Yahoo!アドバンスドURL対応形式へ変換

Google AdWords形式 → Yahoo! アドバンスドURL形式の変換については、アカウントCSV相互変換の「Google AdWordsからYahoo! SSへ変換」にて、下図のように「Yahoo! SS用に変換」の右側の▼をクリックし、「アドバンスドURL対応Yahoo! SS用に変換」をクリックして変換してください。

Yahoo! アドバンスドURL形式のID転写については、アカウントCSV相互変換の「Yahoo! SSからYahoo! SSへコンポーネントIDを転写」にて、既存データのCSVファイルとしてアドバンスドURLに対応したCSVを指定すれば、アドバンスドURL対応のCSVファイルがダウンロードされます。

なお、Yahoo! アドバンスドURL形式とGoogle AdWords形式を相互変換した場合、リンク先URL用の項目の対応は以下のようになっています。

Yahoo! アドバンスドURL Google AdWords
最終リンク先URL Final URL
スマートフォン向けURL Final mobile URL
トラッキングURL Tracking template

 

各ツールの操作方法については、操作マニュアルをご参照ください。

また、Yahoo! アドバンスドURLシステムについての詳細は、Yahoo! のサイトをご参照ください。


今後も機能の改善・強化およびドキュメントの充実に注力し、ユーザーの皆様によりご活用いただけるようにいたします。

  • Lisket は登録無料でいつでもお試しいただけます!