今回のリリース内容

不具合修正

アカウントCSV相互変換 キャンペーンエディタのキャンペーンレベル対象外キーワードサポート

アカウントCSV相互変換 において、Yahoo! にてキャンペーンの対象外キーワードを利用しているキャンペーン(*1)でキャンペーンエディタからエクスポートしたCSVをGoogleの形式に変換した際、キャンペーンの対象外キーワードが「キャンペーンレベル」という広告グループに分類されてしまっていた問題を修正しました。

Yahoo!キャンペーンエディタ キャンペーンの対象外キーワード

*1 上図のようにキャンペーンエディタの「対象外キーワード」タブにて、広告グループ列で「キャンペーンレベル」と選択しているものがキャンペーンの対象外キーワード行になります。

機能追加・改善

ストレージにゴミ箱機能を追加

リスティングレポート作成(API連携) 等で出力したファイルを保管するLisket上のストレージにて、ゴミ箱機能を追加いたしました。ゴミ箱は、削除したファイルが90日まで保管されますので、操作ミスで削除してしまっても復旧が可能になりました。

リスティングレポート作成(API連携)ユニークコンバージョン廃止

リスティングレポート作成(API連携) にて、Googleのレポート項目「ユニークコンバージョン」は、「総コンバージョン」と同一の値が出力されるよう変更いたしました。これは、Google側のユニークコンバージョン項目廃止に対応するものです。Yahoo!のデータソースに対しては、これまで通りユニークコンバージョンの値が出力されます。

リスティングレポート作成(API連携)のテンプレートのデータフィルタには、表示項目として「ユニークコンバージョン」と「総コンバージョン」がありますが、Googleのデータソースについては今後はいずれでも「コンバージョン」の値が出力されますので、あらかじめご了承ください。

 

今後も機能の改善・強化およびドキュメントの充実に注力し、ユーザーの皆様によりご活用いただけるようにいたします。

  • Lisket は登録無料でいつでもお試しいただけます!