不具合修正

APIレポート作成で、検索クエリレポート(AdWords)でCV値が空欄になってしまう不具合を修正

APIレポート作成 で、検索クエリレポート(分割項目で「検索クエリ」をセットしているもの)のうち、AdWords検索データソースからのデータ取得時にCV欄が空欄になってしまう不具合がありました。現在は修正済みです。ご利用いただいているユーザー様にはご迷惑をおかけいたしました。

 

機能追加・修正

入稿用CSV相互変換で、デバイス別入札価格調整率をサポート

入稿用CSV相互変換 で、Yahoo! SSとAdWords双方で、キャンペーン及び広告グループのデバイス別入札価格調整率をサポートするようにいたしました。出力されるCSVファイルでは、以下の列が入るようになっています。

Yahoo! SS AdWords
PC入札価格調整率(%) Desktop Bid Modifier
スマートフォン入札価格調整率(%) Mobile Bid Modifier
タブレット入札価格調整率(%) Tablet Bid Modifier

変換元のCSVで、キャンペーン行や広告グループ行の上記列に値が入っていれば、デフォルトでは変換後のCSVでも対応する列に値が入るようになります。また、画面上で入札価格調整率を「引き継がない」を選択すると、変換後のCSVの上記の列は空欄で出力されます。

 

入稿用CSV作成で、出力されるCSVにデバイス別入札価格調整率の列を追加

入稿用CSV作成 および入稿用CSV作成(旧版) にて 、出力されるCSVにデバイス別入札価格調整率の列を追加いたしました。ただし、Lisketの画面上では「スマートフォン入札価格調整率」のみが設定可能で、出力されるCSVにおいても、キャンペーン行のスマートフォン入札価格調整率のみがセットされます。PCおよびタブレットの入札価格調整率の欄は空欄となりますのでご注意ください。(動作としてはこれまでと変更ありません)

 

入稿用CSV作成で、AdWords向け標準テキスト広告の種別にはアラートを追加

AdWordsでの標準テキスト広告新規入稿の終了を受けて、Lisketでは 入稿用CSV作成 および入稿用CSV作成(旧版) にて 、広告パターン設定欄にてAdWordsの標準テキスト広告が含まれる場合にアラート表示となるように変更いたしました。

入稿用CSV作成_広告パターンのAdWords標準テキスト広告アラート

※ 現時点では、出力されるCSVに変更はありません。設定にしたがって標準テキスト広告の広告行も出力されるため、AdWordsエディタへのインポート時にエラーが表示されます。標準テキスト広告用の設定を「Yahoo」に変更するなど、適宜調整してください。

 

今後も機能の改善・強化およびドキュメントの充実に注力し、ユーザーの皆様によりご活用いただけるようにいたします。

  • Lisket は登録無料でいつでもお試しいただけます!